「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 作品展がはじまりました。 | main | 高雄・台南2018.5(その2) >>

高雄・台南2018.5(その1)

 

 

5/7(月)までG.Wの営業をして、翌日8日にタイガーエアで台湾へ。

行く前からちょっとへろへろ。次回は行く時期をちゃんと考えよう。笑

 

受託荷物制限が15kgなので、

こんなに重さを気にしたのははじめて。

ギリギリセーフで出国。

 

毎度海外では現地の人に間違えられていたけど、

今回は福岡空港で、それも日本人から中国語で話しかけられ、

一瞬戸惑うと英語に切り替えられるという、、、。

面倒くさいから、そのままにしておいた。笑

 

福岡→高雄着。時差1時間。

予定では3時間弱の予定が、この日は2時間半で到着。

ボーディングブリッジに降り立つなり、もわっとした湿度と気温が、

台湾(それも南部)に来たなあと実感させる。

 

 

高雄空港は簡単。

えーっと地下鉄、地下鉄、、、と表示を探していただけで、

(ちょっと中国語をかじっていったので、繁体字も読めます)

 

「地下鉄ですか?こちらです!」

 

と地元女性2人組から、地下鉄の切符売り場まで連れて行かれる。笑

しかも歩くのはやい!!!妹は完全に脱落している。

 

 

高雄空港から、約15分でこの日宿泊するホテルがある「美麗島」到着。

地下鉄の駅のステンドグラスは名物みたい。みんな撮影していました。

 

地下街のお店はほぼ閉まっていて、とっても静か、、、

ただ、台北では経験のない独特の漢方の匂いが漂っていました。

 

はじめて来た街を歩く時、自分の五感のなにが1番に反応するかというと、

嗅覚。それは妹も同じのようで、やっぱり姉妹だなあと思いました。

 

 

駅から上がって数分のところにある、

六合夜市のどまん中にあるホテルにチェックイン。

1部屋4000円くらい。

夜市は、海鮮やいろんな内臓系が常温でごろごろしてました。

 

 

実は、日本で見た天気予報は、

わたしたちが台湾滞在中はぜんぶ雨・・・・

韓国のときもそう、沖縄もそう、京都もそう。雨ばっかりで、

「ねーちゃんが雨女やけんたい!」とボヤく妹。

 

しかもこの雨、ただの雨じゃなくて、土砂降り。

この中を移動するのかと思うと、先が思いやられる。

 

 

・・・と、げんなりしたのはものの15分。晴れたー!!

この合間にチェックアウトして、行きたかったお茶屋さんと茶梅屋さんへ。

 

 

 

日本語が堪能な80代のおじちゃんと一緒に写ったわたしを見て

「親子?」と妹・・・確かに似てなくはない。笑

 

 

なぜかchoo choo TRAINになる妹とお茶屋さんのご夫妻。

お土産用と自分用に東方美人やジャスミンティーを購入。

 

 

茶梅屋さん。いろんな種類があってびっくり!

凍頂烏龍茶漬けや、緑茶漬け、紫蘇付けなどなど、

重くなるのをすっかり忘れて、しこたま購入。

 

「茶梅?なにそれ?」と関心のなかった妹は、

なぜかわたしよりも多く買っていました。笑

 

 

 

サクっと高雄駅に移動して、自強号(特急らしい)に乗って台南へ。

巨大な台北駅と違って、駅がほどよい規模だし、人が本当に親切だから、

なにも迷うことなし。超簡単。台湾南部は個人旅行にもってこいだね。

 

台南駅では、ちょっとワルなおばさんがいて、

わたしはぼーっとして気づかなかったのだけど、

妹のワルを嗅ぎ分ける嗅覚は天下一品。これは特技というより才能だと思う。笑

 

 

つづく。

 

 

トモカのふらりまた旅 | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成