「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 高雄・台南2018.5(その1) | main | 高雄・台南2018.5(その3) >>

高雄・台南2018.5(その2)

 

 

儒教の創始者であり学問の神様と言われている孔子。

日本人を母に持ち、長崎にルーツを持つ台湾の英雄・鄭成功の息子が、

1665年に、人民を教化するために孔子廟を建てたのだそう。

 

1661年から1885年まで台湾の首都だった台南には、

台湾の京都と言われているほど、あちこちに廟や古い史跡が点在しています。

 

2泊目のホテルがすぐ近くだったこともあり、夕方と朝の2回お散歩しました。

特に朝がおすすめで、野生のリスが遊ぶ庭園に、ほのかなプルメリアの香り、

野鳥の声があちこちから聞こえて楽園のようでした

 

 

1階が四角形、2階は円形、3階は八角形という不思議な建物。

昔は科挙の合格を祈る場だったそう。

 

 

 

 

 

 

 

トモカのふらりまた旅 | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成