「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 高雄・台南2018.5(その2) | main | 高雄・台南2018.5(その4) >>

高雄・台南2018.5(その3)

 

ホテルの部屋から見た景色。ほんとの目の前。

 

1932年、山口県出身の実業家・林 方一氏により創立された林百貨

(ハヤシ百貨店)。太平洋戦争に敗戦したのち廃業となりましたが、

 

1998年に市定古跡に認定され、

20140年1月より、台南市と文化部が日本円で2億7000万円をかけ

修復工事を行ったのだそうです。

 

太平洋戦争中に米軍により激しい空爆を受けた砲弾の跡も、

2013年のリニューアル時にあえて残されています。

 

 

2日目のホテルがかの有名な林百貨の真向かいだったので、

夜はここで買い物天国

台湾茶やオリジナルのパイナップルケーキ、台湾名物のあれこれが

洒落たパッケージで販売されています。(ほんとにセンスがいい!)

 

そして、妹の日本人離れした爆買いぶりに気持ち良さを感じる今日この頃。

帰りは紙袋何個になっただろう?

 

画像はありませんが、

ここで1番欲しかったのは、買い物かご代わりの林百貨ロゴ入りバッグ。

柿渋染めのような渋さがたまらない。商品化すれば良いのになー。

 

 

筆コーナーで試し書き。予想を超える書き味の良さに驚く。

 

 

屋上にある神社が商売の神様ということで、

インスタ映え狙いの台湾っ子を横目に姉妹ならんで真剣にお参り。

 

 

 

屋上すぐ下にあるカフェの豆花が美味しかった。

ほんのり黒糖系の豆腐に甘さ控えめのシロップに緑豆かな?

高雄・台南は台北と比べて、なんでも甘めな中、この豆花は絶品!

しかも40元とお安い(約140円)妹がはまりにはまっていました。

このカフェのおねえさんも可愛い♡

 

 

この紙袋、好きだわー。

 

 

 

つづく

 

 

 

トモカのふらりまた旅 | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成