「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 小ぶりなカップと台湾茶 | main | リセット >>

ポツンと一軒家

 

 

毎回欠かさず観ている番組「ポツンと一軒家」。

 

先日紹介された岡山の小さな離島に1世帯だけで暮らす80代と70代の

ご夫婦に釘付けになった。

 

小高い山の頂上に住まわれているから当然不便。

畑や漁でほぼ自給自足だけど、週に一度は舟で買い出しへ。

それを運ぶ作業もひと苦労。

 

生まれも育ちもこの島という80代のご主人は島外に土地も買っていて、

いつ出てもいいとおっしゃっていたけれど、奥様が竹藪に埋もれていた

小さな神社を守るため、ここで暮らし続けるという。

 

竹藪をひとりで開墾し、道を作り、屋根を治す。畑で収穫した野菜や

ご主人が釣ってきた魚を見事な手さばきで調理していく。

奥様はその島に嫁ぐ前は洋裁店に勤めていたので、着る服はなんでも

作れる。年季の入った足踏みミシンをかけている姿の美しいこと!

何よりおふたりともおしゃれ。

 

ブレのない暮らしのスタイルを持つ人はこんなにかっこいいのか。

 

と完全に憧れの眼差しで見続けていた。

人生フルーツのつばたご夫妻も同じ。どこで何をして暮らそうと、

自分のスタイルを持つ人は本当に美しい。

先日の大雨、どうかご無事であられますように。

 

 

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成