「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1番暑い時間帯に | main | 【糸島ランチ】喜八荘の天刺し膳  >>

無意識にアクセスするには

 

先日、同じ町内のJUNKOさん(海辺Yoga Studio LOTUS)のインスタに、

 

「まずは、集中しないと、意識を強めないと瞑想は訪れないのです」

 

と書かれていて、まさに!と思った。

ただ座って瞑想しているだけで無意識にアクセスできる人もいるとは

思うけれど、トーシロ(素人)のわたしには到底難しい。

 

集中といえば、

今年5月、G.W期間中は店舗の仕事に集中したいので、作品展のため

台湾行きの作品は早めに仕上げ、あとはパッキングして終了という時に、

台湾側より「台湾の言葉を使って、あと10枚書いてほしい」と連絡があり、

その期間のことは、忙しすぎてなんだかあまり覚えてない。

 

「作品としての10枚」は、ただ書くのとはわけが違うので、

時間のなさと仕事の忙しさで、正直なところ精神的にかなり追い詰められた。

しかし、この追い詰められた感の中でふっと湯船に浸かった時など、

ほんの短いリラックスタイムに次々に閃いた!

そのときはこれを「書の神様が降りてきた」と喜んでいたけど、

これはほんとうに不思議で、なんでだろう?と思ったいたら、ヨガの世界では

常識らしい。以下、JUNKOさんのインスタより引用

 

 

瞑想は、無意識の状態です。

なので意識化したり、意識を強める事は相反する事のように感じますが、

意識化をより強める事で、瞑想が訪れるのですよ。

なので、意識が弱い人には瞑想は訪れてこない。と言っても過言では

ありません。
.

ヨガの八支則にもあるように

ダーラナ(集中)の次がディヤーナ(瞑想)です。

まずは、集中しないと、意識を強めないと瞑想は訪れないのです。

 

全文はこちら

https://www.instagram.com/p/BlmXr1wBqSC/?hl=ja

 

 

「無意識」は、過去だけじゃなくて未来も知っていると言われているように、

「勘」というのは、もしかしたら未来から逆算した閃きかも知れないと思った。

 

それと先日、自分でなにげなく書いたものを読み返していると、

思わず、なんの意識もなく、ぽろぽろ涙が出て止まらなくなったことがある。

これって無意識のわたしが書かせたことで、実はわたしの深層にある

誰にも見せたことがない古傷だったり、心から求めていることだと思った。

そこを満たしてあげればいいのではないかと、、、。

 

共通して言えるのは、

 

 

●自分に対してゆるい感覚の時は無意識にアクセスしにくい。

(達人にはできるのかも知れないが)

 

●すんごい悩んでいる、追い詰められている、やることいっぱいあるなど

【意識フル回転のあとのフッと気を抜くリラックスタイム】にやってくる。

 

●じっとしているより、身体を動かしているほうがよい。

 

●ものの本によると【左手】を動かしている時がアクセスしやすいらしい。

 

 

よく無意識(潜在意識)は、氷山の下の部分で表されるけれど、

意識を集中的に掘り下げて、掘り下げて、掘り下げたあとに届く深層意識

と言われたら妙に納得する。

 

なので、向き合うべき問題に向き合わない、自分で考えない、楽ばかりだと

無意識の部位には辿りつかないのかも知れない。

 

無意識にアクセスする方法を覚えると、二者択一にめっぽう強くなるし、

初見でご縁のある人かどうかわかるようになったり、

アブない場所、人、物事もわかるようになる。(わたしの得意分野:不動産)

・・・だんだん話がエグい方向へ行きそうなのでやめますが、

 

直感に従うとか、好きなことをするとか、自然の中で暮らすとか、

最近言われていることは、全部理にかなってる。

 

しかも、無意識は【遠い過去から未来まで知っている】というのは、

宇宙には時間の概念がないらしいから。

 

時間は過去→今→未来ではなく、未来からやってくるという説がある。

これは納得で、計算上、太陽の光は太陽が8分前に出した光(未来から

届く)が地球に届いているし、もっと遠い星の光は・・・と考えると

そうかーと。

 

宇宙と無意識が同一であり、時間の概念がないならば、

誰しも過去がどうかなんて関係ない。【今をどう生きるかで未来が決まる】

という話はちゃんと腑に落ちる。

 

無意識って本当におもしろい。

想像の段階で違和感のあることは叶わない。

それと、他人の顔色を伺いながらやるようなことも叶わない。

想像が自分にフィットするもの、何の違和感のないものだけが叶う。

それが無意識(潜在意識)。これはまちがいないと思った。

 

 

余談:

タロットカードなどを引くときは左手が無意識にアクセスしやすくなる聞き、

やってみたら怖いほどそうだった!わたしは深層部分で相当癒されたいらしい。

だからか、そういう人が好きだもんなあ、、、

 

 

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成