「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 塗りの魅力 | main | わたしが還るところ >>

美しすぎる「数」の世界

 

 

数学がもっとも苦手なわたしが、途中で絶対挫折すると思いながら、

どうしても気になってしまい購入した本「美しすぎる数の世界」。

まだ読み始めたばかりだけど、今のところ大丈夫。

読み進めていると、疑いようもなく、数=宇宙だなあ、と。

 

さらに数はインドが発祥らしい。

発祥といえば仏教もヨガもアーユルヴェーダもそう。

共通点は【ものの原点】ではないかと。

一方でカースト制度は未だつづく。これも原点なのだろうか。

わたしには分からない。

 

追記:

9/8読み終わりました。

数式を理解するのは文系のわたしには無理でしたが、

金子みすゞの詩と数の関係性に宇宙がたしかに存在していて、

やっぱりこの世に存在するものは【ひとつ】であることを知れたのが

最大の収穫でした。

大人になると、つい得意だったり好きなもので周りを固めてしまいますが、

苦手なものの中にも必ず新しい発見がありますね。

当店の本棚に並べておきますので、ご興味がある方はぜひ。

 

 

わたしの本棚。 | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成