「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 芸術を言語化すると | main | 夜の魚 >>

あのひととき。

 

 

日曜日、窓の外の風雨を横目に、レイコさんと他愛のないおしゃべりをしながら、

わたしはオイルパステルで背景を塗っていた。

 

カウンターを挟んだすぐ向かいにレイコさんが丸椅子に座ってその様子を

見ていた光景がささやかで何気ない、ほんの数分のことだけど、

不思議なほどシアワセを体感した時間だった。

 

ものを描いたり作ったりするもの同士、お互いの周波数が絶妙に混ざり合った

ような不思議な時間と空間。あのひと時、また体感したいなあ。

画像は、レイコさんが描いたわたしのいつかの裸体。

これは売物ではないそうですが、ほかにも小さな原画がいくつか入っています。

 

 

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成