「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いつでも、どこでも、誰にでも | main | チェーンソー先生? >>

静物 蒼01

 

 

title: 静物 蒼01
size: SM watson239g

ほっとくと(意識しないと)作品はブルー系ばかり。

ちなみになぜ「蒼」かというと、緑がかった青、生い茂る草木の深い色を

蒼というから。それにしても、世の中にはさまざまな【あお】がある。

 

 

追記:

 

なぜ「ほっとくとブルー系ばかり」なのか、

そのブルーもなぜ青ではなく「蒼」なのかを考えていたら面白いことに

気づいた。

 

青でもあり緑でもある「蒼」は、

海の青でもあり、森の緑でもあり、ふだんいつも見ている風景なのだと。

 

先日、自身の個展のタイトルを「わたしが還るところ」と付けたのも、

わたしが還るところは海や森のようなところで、

それはありとあらゆる生命が息づくとても豊かなところ。

今、住んでいる場所がまさにそうなのかも知れないなあと。

この場所を選んだのも一種の勘だったし、やっぱり自分の深層はちゃんと

知っている。

 

わたしの先祖は中国大陸から海を渡ってきた。

その遺伝子がずっとどこかに生きていて、今なおわたしをノックし続ける。

 

 

 

糸島半島の暮らし | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成