「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 秋の森より。 | main | 森と海 >>

レイコさんの個展を終えて

 

 

知らぬ間にレイコさんに撮られていた1枚。

今回の個展は、一言で言えば「本当に楽しかった」。

わたし自身も楽しかったし、何よりお客様たちがご自宅に連れて帰る作品を

お選びくださっている様子が、少女のようにウキウキされていて笑顔が

眩しかった。

レイコさんも遠くから度々在店くださり、お客様とお話しされたり、

わたしも彼女とアート談義する時間が瑞々しく楽しい時間だった。

 

そんなこの1ヶ月間、わたし自身にも大きな心の変化があって、

条件を外した本能の部分で今後何をやっていくのか明確になった。

それが決まるとこんなにもテンションが上がるのかと内心驚いている。

アートや自然は相性が良く右脳にはたらくから、自然とそこが見えて

きたのだろう。

 

来年早々に45歳になるけれど、

人は人生の中で大きな転換期がいくつか用意されていて、

何歳からでもどんなことでも出来るようになっているのだと思った。

 

その答えは確かに自分の中にちゃんとあって、それに気づくには、

自分の本能と、それを(自分を)信じることが出来るかどうか。

ただそれだけなのだと思った。

 

 

森と海 | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成