「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 朝瞑想with dog | main | 本当の自分に気づく >>

福岡自己批判

 

 

福岡人は自意識が強く単調すぎるらしい。笑

 

わたしは福岡×徳島のハーフ?なので純粋な福岡人ではないけれど、

福岡育ちとしては、地元愛が強すぎるのは認める。

好きなんだから仕方ない。しかし、あえて福岡批判するなら、

 

その1:食にうるさすぎる

その2:文化的なものに疎い

 

大まかにこのふたつだと個人的には思うのだけど、

文化的に疎いのはお祭り好き気質によるものだと思うし、

逆を言えば伸びしろだ。

基本的におおらかで気さく、自己表現好き、裏表なく、面倒見がよく、

姉御肌、親分肌が多いと思う。

 

面倒見が良いというのは、もともと商人の町だったからかも知れないし、

物事が上手く回るには【自分から何かしらを差し出す】ことが根底に

あるので、それが巡り巡って、人を好きになり、街を愛することに繋がる

のだと思った。←この持論ものすごく自信あり!

 

来る者拒まず去る者追わずなのは、

古代から東アジアとの交易が盛んだった土地柄だと思うし、

アジアに行っても旅行した気分にあんまりならないのは気のせいか。笑

 

しかし、一見オープンだけど、その奥に見えない一線を引くところもあるのは

自分のテリトリーを守るからか何なのか、、、。

 

ま、いろいろ言っても、長所も短所もひっくるめて、福岡人は福岡が大好き

なのだ。評論家の皆さん、誰が何と言おうとこれは変わらないからそこんとこ

夜路死苦。笑

 

 

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成