「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 歴代個展 | main | トモカ作 >>

長寿村「巴馬」

 

100歳以上の方が人口の70%(しかも認知症や寝たきりの人が皆無)という

中国南部にある巴馬。朝から畑を耕し、竃で食事をつくり、ときに山の唄を

皆で歌い、日暮れとともに寝る暮らし。

 

長寿の秘訣は、遺伝子によるものも大きいと思うけど、野菜と大豆、豚肉を

少し(沖縄と似ているらしい)そして、麻の実(ヘンプシード)を1日に

40〜50gも摂取しているのだそう。

 

ヘンプシードの抗老化物質とも言われるカンナビシンAが作用しているのか、

村の100歳以上の方々は皆、肌がツヤツヤで、お酒も飲み、畑仕事も家事も

淡々と行っている。

 

しかし、何より山と川に囲まれた桃源郷のような環境がいい。

余計なことに神経を尖らせず、家族や村の人々と共にあるがまま生きることが

健康長寿の最大の理由だと思った。

 

巴馬の風景、暮らしぶりがわたしの奥底にあるものと一致する気がするのは、

この辺りがわたしの遺伝子のはじまりの場所のような気がしてならないから。

 

 

世界一の長寿村「巴馬」とは(前編)

https://www.club-willbe.jp/column/bama/index.html?fbclid=IwAR052XZVdLthh3T7hrbcef04SPAGuBjCtv6LkX5piYQ1-KiNfNMIHKWb784

 

歳をとっても幸せと思える国に(後編)

https://www.club-willbe.jp/column/bama/002.html

 

 

 

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成