「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 瞑想で得られる効果<その1> | main | 根底は同じもの >>

瞑想で得られる効果<その2>

 

わたしが楽しいという感情がよくわからないということに加え、

自分を持たなければ流されてしまうほどの近年の情報過多状態と

便利さの普及で楽になるはずが、一向に自分の真の時間を持てない

慌ただしさを感じていました。

 

脳は通常時でさえ全身のエネルギーの20%も消費するのに、

こんな時の脳はさらにとても疲れていて、

集中できない、すぐ疲れるという脳疲労を起こしているのだそう。

 

思い通りに身体が動かないということも立派なストレス。

未来が今の連続であるならば、未来は真っ暗だ、、、。

どんなことも、まずは身体を整えることからだと思い、

不快な症状にひとつずつ向き合っていくことにしました。

 

そして、そのひとつがわたしには【瞑想】だったのです。

あの時、ヨガのレッスンで習ったことを思い出しながら、

時にはお寺で開催される座禅会に参加させていただいたりしながら。

 

近所の瞑想スポット

 

そこで気が付いたのは「これは我家でもできる」と。

目の前に森もある、歩いて2分のところには広いビーチを持つ海がある。

そうやって、ただただ今降り注ぐ光、鳥のさえずり、波の音などを感じる、

呼吸に意識を向けるというシンプルな瞑想を習慣にしました。

 

そうすると、何が起きたのか。

 

まず気分がスッキリとする。気持ちが晴れ晴れする感じ。

これは呼吸によって、自律神経が整ったと思われます。

そして、終わってしばらくすると、はたと閃く。

どこからか答えがやってくる。

問題点や解決したいことがある場合は、瞑想する前に意識しておくと

答えを閃きやすくなりました。

 

わたしは脳の疲労だけでも取れたらいいなと思っていたので、

閃きやすくなる(ひらめき体質)には正直驚きました。

この理由は「閃きの右脳は脳を休めることで活性化する」からだそう。

なるほど納得。思わぬ副産物でした。

 

もし今、変えたい何かがあるとして、

未来が今の連続の先にあるのなら、今の思考や行動を変える必要がある。

残念ながら、ただ待っていても誰かが変えてくれるものではない。

その小さな一歩として、わたしの場合は瞑想でした。

 

そして「今を楽しむ」ことについては、

今もレッスン(?)中であるけれど、意識を向けたものが目に入るという

脳の特性を利用して「今」「楽しい」「面白い」を脳にインストールすると、

自動的に脳が探してくれるから不思議。笑

 

ただ、大人にとっての楽しさとは、子ども時代のそれとは違う。

だからそこに躍起にならず、わたしが好きな「面白い今」を感じられれば

それでよし。と思うようにしてます。

 

 

森と海 | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成