「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新元号 | main | 夜明け前 >>

メメントモリ

 

今年もオガタマが咲き始めた。

あんなに瑞々しく南国を思わせるフルーティな香りなのに、なぜか夕方しか匂わない不思議な花。

昨夜、6月開催の東洋医学講座の日時やおおまかな内容が決まった。詳細は講師の方にこれから詰めていただくのだけど、プロの方というのは決断も動きも早い。側から見ていて本当に気持ちがいい😊

なぜ、東洋医学が好きかというと、自分の体質や季節に合わせて、自分や家族の体調管理を自分で出来るようになるから。ずっと役に立つし、得た知識は一生もの。西洋医学とミックスしたハイブリッド型にも出来るし、選択肢や可能性が広がる。

東洋医学の入口をノックしたに過ぎない段階のわたしが言うのも変だけど、東洋人は季節に沿って生き、自然には抗えないものとして敬意を持って生きてきた。自然に合わせて生きるのが人間なのだと。

その延長線上に、死生観にとても興味があるし、個人的には輪廻転生があるならば、わたしは今生で終わりにさせて頂きたいと強く思っているので、そうなるべく自分の生き方を考え実践しはじめたところ。

誰もがもれなく経験する死について正しく向き合うことは、必ず「生」を考えることに繋がる。そんなことを気付かせてくれたのが、東洋的な思想であって、その出合いに感謝している。

ただ、西洋にもメメントモリという言葉があるように、これは東洋人だけではなく「人はなぜ生まれ死ぬのか」という人類共通の謎から生まれるものなのかも知れないと思った。

ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成