裏トモ日記

福岡県糸島半島の海のそば、
森の中での犬との暮らしとしごと。
Tomoka Hayashida

WORKS
CRAFT&ART KURUMIAN
学びと体験スペース 森と海
墨染め×ART ichigo ichie
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< イベント終わる | main | みかん蜂蜜 >>

インドの古布手織りラグ

 

 

 

待ちに待ったインドの手織りラグが届いた!これはインドの古布を綺麗に洗って、手織りされたラグ。170×105cmと大判な上にびっくりするほど柔らかい♡

早速、お尻にフィットするように折りたたんで、しばし瞑想タイム。森は酸素濃度が濃いらしく、天然の酸素カプセル気分で終わったあとの爽快感は最高。何より朝の空気はまだ汚れていないので新鮮。肺から全身に巡っておくれ〜。 来週の満月夜の瞑想会では、ご参加の方にお使いいただくラグは、この中からお選びいただけるようにします😊

 

・・・と今朝、インスタの個人アカウントに書いたら、たくさんの方からご購入希望やお問合せをいただき、満月夜の瞑想会でお貸しする分が足りなくなりそうだったので急遽追加注文しました。1枚1枚織模様が全然違うし、中にはインドのビーズやスパンコールが入っているのものあって、お気に入りの1枚を見つけるのは、きっと宝探し感覚で楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

瞑想の学びを深める中で、これは本当に面白いなと思ったのが、例えば「八方塞がり」な状況の時どうするかというもの。

 

たぶん、「あああ、どうしよう、どうしよう・・・」と悪い方向ばかり想像してみたり、「いや、必ず解決策があるはずだ!」とアグレッシブに動いてみたり。わたしは完全な後者で、その八方塞がりな悪い状況の中に1秒たりともいたくないので、思いつく策でがんがん動き、力づくで状況を転換させていました。・・・が、さして状況は変わっていないことが圧倒的に多かった。あんなに頑張ったのに、こんなにやったのに。もう知らん!みんな好かん!どうにでもなってしまえーー!と最後は投げやりになるというパターン笑。

 

これをマインドフルネス瞑想ではどのようにとらえるかというと、その【八方塞がりという状況を受け入れる】というもの。まず、この状況を受け入れるということがわからなかった笑。しかし、鳥の目(今はドローンの目)で自分を見て、客観的にその状況を見てみる。そして、少しずつ自分の中に受け入れていくということがわかるようになる。嫌だ、絶対嫌だと思ってるうちに好転はないと言ってもいい。一旦まずは受け入れる。自分に起きるどんな醜い感情さえも。呼吸とともに。

 

すると、不思議なことが起きたのが、あれだけ嫌だ嫌だと思っていたことの中に、空白が出来てくる。そして、ふとしたことから新たなことを思いついたり、ひょんなことから解決策が向こうからやってきたりする。これは本当に驚いたのだけど、冷静に考えてみると、受け入れたことによって脳に空白ができ、新たな視点や別の視点がわたしの中に生まれたのだと思った。どんな小さなものでも、良い兆しには目ざといわたしは全てが解決したような気分になる笑。

 

しかし、瞑想というのは日常生活と健康と、そして仕事に大いに役に立っている。というか、瞑想をしていなかったら、瞑想を知らなかったら、と思うと、、、想像したくない。マインドフルネス瞑想は、グーグルやマサチューセッツ工科大学などで日常行われている意味が本当によくわかる。

 

 

 

 

余談:

先日のイベントで腰痛が悪化してしまい、腰痛に効くという天然ラドン温泉きららの湯へ。うちから車で10分くらいなのに、糸島に19年半住んでいるのに、行ったのはじめて!

わお!おばあちゃんでいっぱいな、ややぬる目のラドン温泉に浸かること15分。手足がジンジンする、、、なんかもうのぼせてきた、、、これがラドンの効能なのか、、、汗が吹き出してきたので上がる。併設のレストランで食事して(お風呂+海鮮丼セットでたしか1300円。安!)体に良さそうなラドン水をがぶ飲みして帰る。お料理は糸島産のものだけあって、なんでも美味しかった。とくに天ぷらの野菜のうまみが強くて感激。二丈のお野菜ってほんと美味しいよね。ちなみに天ざるそばセットは800円。

その時は体が温まりすぎたくらいの感覚だったのが、帰りに買物でウロウロしていたら、体が軽い!腰が痛くない!確か効能に「疲労」も書いてあったけど、そんな即効性ある??よし、またおばあちゃんに紛れて入りに行こう😊ちなみに天然ラドン温泉は自律神経失調症などにも良いそう。

 

 

meditation | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成