裏トモ日記

福岡県糸島半島の海のそば、
森の中での犬との暮らしとしごと。
Tomoka Hayashida

WORKS
CRAFT&ART KURUMIAN
学びと体験スペース 森と海
墨染め×ART ichigo ichie
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 畑も冬じたく | main | 瞑想の正解って >>

気を降ろす

 

 

10月上旬にメニエール病になって以来、毎日午前中だけ船酔い状態(めまい)がつづいていた。あの思い出すのも恐ろしい激しい回転性のめまいではないだけマシだけど、こうも決まって朝9時からお昼までつづくと、さすがに嫌気がさしてくる。

 

そこで、このめまいはなぜ、どこからくるのかを考えたら、原因に思いあたるフシがあった。それもひとつではなく、複合的な原因が。普段ぼーっとしていて、頭も良くないくせに、何かひとつの物事に取り組むときは徹底的に考えたり突き詰めるところがあり(こう書くと超イヤなやつと思われるでしょうが勉強や読書も好きなので朝から寝る直前まで1日中頭を使っていた)それが仕事となると度合いが増す。これはたぶん、わたしの気や器の小ささからくるのだと思うけど、この1年強はそんなことが続いていた。

 

さらに具合のわるいことに、そうまでしても事が上手く運ばないことが続いたり、数年ぶりに強い怒りを覚える出来事もあったりして、完全に「気」が上がっている状態だった。そこに警告を鳴らすかのように、超回転性のめまいがある朝突然やってきて、なんだか腹が立つというより、悲しくて仕方なかった。


でも、ここで何もしないでこの状態が続くのも耐えられなかったし、一刻も早く抜け出したかった。どうしたって仕事は休めないので、頭が使えるようになってから自分なりに不調の根本原因を探り、まずは全体の状態を補い整えることから、いくつかの策を実行していく。そして、エネルギーを補充できたところで、上がりきった気を降ろすための策に取り掛かる。そのうちのひとつが気功だった。

 

 

 

気功は昔、母が中国人の先生から習っていたけれど、なんでも中途半端な母は気功に限らず、ヨガも整体も、その時習っていたものは、時間とお金をかけた割にいまいち役立てることが出来ていなかったけど、わたしの記憶には残っていた。

 

実は、数年前から毎朝のヨガの前にスワイショウを必ず行っていたり、東洋医学好きなわたしでさえも、正直なところ気功については8割信じて2割は信じ切れていなかった。それは「気」というものが目に見えないエネルギーだからかも知れないし、何かこうパリッとした効能や結果を実感したことがなかったからかも知れない。

 

そこで、今回「気が上がっている」という絶好なチャンスを持っているわたしが、この気を降ろし、毎朝のめまいを治すことが出来たら、気というものの存在を信じざるを得ない。

 

いつものスワイショウ(両手をぶらりと下げた状態で前後にと、でんでん太鼓のように左右に振る。だけ)を行い、全身の気の流れを整えたあと、頭上から気を丹田〜下半身〜足まで降ろす。(この時点ではめまいなし。足は温まっている)

 

ここで終わらないのが、わたしのひねくれているところで笑、ひとつの仮説を立てる。「これと逆のことをしたらどうなる?」と。気持ち悪くなればやめればいいので、今度は足元から気を上げてみると、、、あら不思議!めちゃくちゃ気持ち悪い!目がまわる!!そして、慌ててまた気を降ろすと元に戻る。なんだこれは??自分でやっておいて自分が1番驚いている笑。・・・それ以降、一度もめまいは出ていない。

 

 

meditation | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成