裏トモ日記

福岡県糸島半島の海のそば、
森の中での犬との暮らしとしごと。
Tomoka Hayashida

WORKS
CRAFT&ART KURUMIAN
学びと体験スペース 森と海
墨染め×ART ichigo ichie
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 儀礼 | main | 畑大根大量消費メニュー >>

What is something?


わたしたちの細胞をはじめ、全ての物質は分解すれば、原子、素粒子にたどり着く。では、その素粒子は何から出来ている?


https://www.google.com/amp/s/gigazine.net/amp/20151225-what-is-something 


これを読んですっきりした。が、その宇宙に存在する「4つの力」の大元は何?起源はどこ?これはまだ解明されていないらしい。謎のままだ。


放射線が「場」という宇宙の海に入り込み、波を発生させ、粒子が生まれる。それが「すべての物質は宇宙の海で生じた波」と言われる所以。


現段階で突き詰めれば、宇宙には波から生じた17種類の粒子と4つの基本相互作用(力)しかないとのこと。そういえば、地球での生物の起源も、水と酸素と雷だったような気がする。



先日、東京で整形外科の院長をしておららる長田夏哉さんの本を読んで、まさにこれだと思った。


何にでも形を変える「幹細胞」とは、それぞれの培地(培養液)に入れると、あるものは筋肉細胞へ、あるものは皮膚細胞へ育つのだそう。幹細胞はまわりの情報や環境によって、自分は何になるべきかが分かっている。さらに、培地を劣悪な環境に変えると、がんの元である異形細胞になる。


この異形細胞を元に戻すには、ただ元のナチュラルな培地に戻せば良いとのこと。


長田夏哉氏は、約60兆個の細胞からなる私たちも、病気を治したいと思えば、ナチュラルな場所、つまり自分らしくいられる、本当の自分を出すのが心地いい場所に身を置けば、病気は改善するということ。まさにこれが自然治癒力ではないかと書いておられました。


これには大納得。人間の元が原子である以上、これは当たり前に存在する物理上の真理であってオカルトでもなんでもない。


誰かが言った「大切なことは目に見えない所にある」とは本当だと思ったし、わたしたちは親の都合で生まれてきたのかも知れないけれど、元を辿れば「生かされている」のだとも。


生かされているのならば、わたしたちはその真理に気づき、限りある時間の中で、課せられた何かを実践しなければならないのかも知れない。それが、自ずと湧き上がるやりたいことであったり、使命感にかられる何かなのだろう。すべては細胞が、原子が、素粒子が、ちゃんと記憶している。



ひとりごと | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成