「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 通過点 | main | 波打ち際で拾ったもの(その2) >>

「栗原はるみの挑戦 こころを伝える英語」

今まで、
こんな英会話テキストを見たことがありませんでした!





開いてわかる、今までとの「紙質」のちがい。
しかもカラーで、ふんだんに写真がちりばめられていて
最高にたまがったのは(笑)

料理のレシピまでついてる〜!こと。

極めつけは、他のテキストと同じ350えーん!


こんな素敵なテキストを待っていた方は多いはず。
わたしももちろん買いました、CDも一緒に。

英語でいえば、他にも気になる講座がいっぱいあって
大杉正明さん、ジェームス天願さんらが出演の「ものしり英語塾」や
「いまから出直し英語塾」もチェックしてます。

数年前とは比べものにならないくらいの充実ぶりで
そのうち、英語が第2ヶ国語になる日がくるのかも!?


「栗原はるみの挑戦 こころを伝える英語」は、

栗原さんの会話の中の間違いも、あえて記載してあり
‘本気になれば、幾つになってもできる’ということを教えてくれて
なおかつ、勇気づけてくれる講座だなあ、と思いました。


わたしのリスニング以外の勉強の仕方は、
日本語→英語に重点を置いているので、まず日本語を見るのですが
テキストを見てかなしくなったのは、

「ノラ、寄ってくれてありがとう。またお目にかかれて嬉しいわ。」
「伺うのを楽しみにしていたのよ。」

こんな初歩的なあいさつでさえ、
瞬時に、口をついてでてこないということ。
でも英文を見ると、あまりの簡単さに泣けてくる(苦笑)。

会話として、ほんとに大切なのは
難しい構文をいくつも覚えるよりも
対人間のコミュニケーションじゃないかって、思いました。
すきなもの | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成