「裏トモ日記」

福岡県糸島半島にて、
器と暮らしのものKurumianを営む
tomokaの海辺暮らし、日々のできごと。








<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 実店舗より | main | 陶芸小屋にて >>

「どうして?」って聞かれても答えられないほど好きな(前にも書いたけど)
NHKの「中国鉄道大紀行」の最新の中継場所だった
http://www.nhk.or.jp/tabi/

中国仏教では文殊菩薩の聖地といわれる、山西省の「五台山」で、
関口知宏さんが、言ったこと。

「夢って、のんびりしてたら叶わないけど、
 急いでいても叶わないんだよね。
 夢って、導かれて叶う気がする。」

この「導かれる」ということを、
わたしは今まで「時機」と解釈していたんだけど、
ほんとにその通り!と言いたくなるほど、体中がざわざわしました。

「心を持った人は仏の光に照らされる」という五台山のお経は、
音という意味では声明とはまた違う、チベットを想像させるようなものでした。



「夢」といえば、
先日、とても尊敬しているある女性からいただいたプレゼント。



添えられていた手紙には、美しい字でこう記されていました。

「このノートには、友香さんのやりたい事だけを書いてみて下さい。
 題して、夢ノート。お互いにいつまでも夢を追い続けようね。」

わたしは時々、誰かと一緒にいても孤独を感じていることが多くて、
それがわたしの人生なのかな、と最近では開き直ってみたりもしていたけど、
いただいたノートと手紙、そしてこの方の心に、
深い、母のような愛情を感じてしまい、ひとり涙してしまったのでした。

それから、なぜかわたしは、
誰かに、何かに「守られているのかも」という不思議な感覚を、
勝手に、ひそかに(笑)持ち続けています。
心に響いたことば | permalink | - | -
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to 屋形船
Hayashida Tomoka

バナーを作成